>
>
つむぎ

 

 

京都介護・福祉サービス第三者評価ホームページへ

 

 

 

京都はあとふる企業に認証されました

 

 

ワークライフバランス認証企業の

認証を受けました

 

    法人設立30周年記念出版

 

クリエイトショップくりくりへのリンク画像

くりくりは、京丹後市内の障害者施設製品を販売する全ての法人が連携し、運営する販売店です。

つむぎ

あゆみ

 「つむぎ」は1984年に開設された「野田川共同作業所」、1995年「京都府重症心身障害者通所援護事業 ひまわりの家」が、1997年9月「夢織りの郷」開設時に知的障害者通所授産施設「つむぎ」(定員30名)、知的障害者デイサービス「ひまわり」(定員10名)として、スタートしました。「ひまわり」は、2006年に障害者自立支援法の施行に伴い、生活介護事業(定員10名)に事業移行しました。

 2012年4月、生活介護事業「ひまわり」と合併し、「生活介護事業」「就労継続B型事業」からなる多機能型事業所として再スタートしています。
 

 

事業所の特徴

 「つむぎ」の利用者は、医療的ケアの必要な重症心身障害者、自閉症、身体障害者など比較的障害の重い人が中心の事業所です。現在、与謝野町、宮津市、伊根町から43名の方が利用しています。
 どんなに障害が重くても「働く中でたくましく」をモットーに、一人一人のペースに配慮しながら「働く」ことを大切にし工賃アップを目指しています。
 また、医療的ケアや健康管理、毎日元気に通所できる「体づくり」「生活の豊かさ」を求めた活動や自治会活動にも力を入れ、障害のある人の全面発達をめざす支援をしています。

 

 

事業内容

 障害程度や障害特性にあわせ、5つの班に分かれ日中活動をしています。

<生活>

  • 特殊浴槽(シャワー浴槽)を利用した入浴、走行リフトの整備
  • 看護師を配置し、医療的ケアの必要な利用者の支援
  • 音楽療法、陶芸、散歩、外出などの療育活動
  • 地域の文化サークルを招いたコンサート、踊り、買い物、食事、ボーリング、カラオケなど利用者の希望に沿った活動
  • 自治活動(誕生会、係り会、全体会、研修旅行、クラブ活動)
つむぎでの生活イメージ つむぎでの生活2
ひまわり喫茶 走行リフト

 

<作業>

  • 「ひまわり喫茶」(重症心身障害者が週1回実施)、ケーキづくり
  • 「アルミ缶」「洗濯ばさみの組み立て」
  •  野山で刈り取ったよもぎを使った「よもぎ入溶剤」
  • 「ウエス」「下請け」などの軽作業
  •  ポン菓子、黒豆ポンの製造販売
  •  委託加工した食品の販売

    地元の生産物を使った「みかんジュース」「人参・りんごジュース」「リンゴジュース」

   「各種ジャム」「玉ねぎドレッシング」

  •  高齢者施設の清掃作業
 
家庭クラブ  食品加工

 

 

事業所概要

住所:〒629-2314 京都府与謝郡与謝野町字岩屋600-6
TEL:0772-43-0380 または 050-3801-2340
FAX:0772-44-3020