>
>
野田川共同作業所

 

 

京都介護・福祉サービス第三者評価ホームページへ

 

 

 

京都はあとふる企業に認証されました

 

 

ワークライフバランス認証企業の

認証を受けました

 

    法人設立30周年記念出版

 

クリエイトショップくりくりへのリンク画像

くりくりは、京丹後市内の障害者施設製品を販売する全ての法人が連携し、運営する販売店です。

野田川共同作業所

あゆみ

 野田川共同作業所は与謝野町(旧野田川町)で初めての障害者施設として、1979年7月に旧山田保育所建物を町から借用し、5人の障害のある人たちが利用して開設しました。
 利用者や家族の「障害のある人たちも安心して生活できる場所がほしい」という願いと粘り強い運動によって「夢織りの郷」が開設した時(1997年9月)に、野田川共同作業所も夢織りの郷の同一敷地内に移転しました。
 夢織りの郷開設後、養護学校卒業や不況の影響等で離職した障害のある人、精神障害のある人など野田川共同作業所の利用者が年々増え、野田川共同作業所は2006年12月民間の建物を借用して夢織りの郷から移転、2007年4月にはそれまでの運営委員会による運営から、よさのうみ福祉会に経営を移管し、障害者自立支援法に基づく多機能型事業所となりました。さらに2010年2月には元京都府・織物機械金属振興センター加悦谷分室を借用し移転して現在に至っています。
 

 

事業所の特徴

 野田川共同作業所は現在50人の障害のある人たちが通所しています。知的障害や精神障害など障害種別の多様な比較的軽度の方が多く、年齢も養護学校を今春卒業した18歳から66歳の人までと様々です。また、作業所利用者同士など結婚している人、子どもがいる人、単身で生活する人、グループホームで生活する人など、その生活環境も様々です。
 こうした50人の人たちが、元京都府織物・機械金属振興センター加悦谷分室建物と元野田川町保健センター建物の2ヵ所に通所しています。 

 

 

事業内容

  野田川共同作業所は就労移行支援事業/就労継続支援事業B型/生活介護事業を実施する多機能事業所で、2か所の建物で5つのグループに分かれて作業に取り組んでいます。就職や高賃金を支払うことをめざして日々の作業を進めるとともに、単身で生活する人などには様々な生活支援もおこなっています。

 元京都府織物・機械金属振興センター加悦谷分室建物には現在42人の人たちが利用し、4つのグループに分かれて仕事をしています。
 スマイル班とラッキー班は様々なプラスチック製品の加工などの下請けの仕事をしています。また、ドリーム班とウイズ班は電気コードを加工する下請けの作業をおこなっています。

 2012年4月には、それまで「つむぎ」に所属していたハウス班が移転し、地元特産の九条ネギなどのハウス栽培をおこなっています。

 

 

 元野田川町保健センター建物では、「夢かご弁当」で8人が弁当の製造と配達の仕事をしています。毎日100食前後の注文があり、与謝野町内を4台の車で配達・回収しています。

 
 

 

 

事業所概要

住所:〒629-2402 京都府与謝郡与謝野町字算所421
TEL:0772-44-1545
FAX:0772-44-1750